未分類

XMでトレードする前に絶対に知っておくべき4つの禁止事項!

海外FXの中でも圧倒的な人気を誇るXMですが、取引をする前に知っておかなければいけない禁止事項があります。

悪気はなくても、何かの拍子に規約違反をしてしまい、それで口座が凍結・・・とかになってしまっては困りますよね。

しかし、肝心の規約(禁止事項)は全て英語で書かれているため、普通の人ではまず解読することができません。

 

ということで、この記事では絶対に知っておかなければいけない禁止事項を詳しく解説していきます。

リスク回避のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

XMをする際に絶対に注意すべき4つの禁止事項

XMでは次のようなことをやってしまうと規約違反になってしまうことがあります。

 

  1. 他業者間取引
  2. XM内で複数の口座を作り両建てする
  3. 窓開けを狙ったトレード
  4. XMPやボーナスの不正取得や悪用

 

これらは、XMで確実に利益を得る抜け道のようになっている行為です。

なので、わざと不正をするつもりでなくても、知らず知らずの内に利益を求めて規約を破ってしまうということも十分にあり得ます。

とはいえ、知らなかったでは済まされないこともあるので、一つずつ確認していきましょう。

禁止事項①:他業者間取引

XMでは、他業者間取引が禁止されています。

他業者間取引と言うのは、XMと他のFX業者を使って、同時に同じ額の売りポジ・買いポジを取る行為です。

例えば、XMで1ロットの売りポジ・他業者で1ロットの買いポジを取るということです。

 

これは一見どうして禁止なのか分からないですよね。

同時に決済をすればプラスマイナスゼロになって特に損益は変わらなそうですから。

 

しかし、ここでポイントとなってくるのが、XMが取り入れているゼロカットという制度です。

XMではトレーダーが予期せぬ大損失をした際に、そのマイナス分をなかったことにしてくれるゼロカットという制度を取っています。

このゼロカットがあるため、他業者間取引はXMの運営側にとってかなり不利になる可能性が出てくるんです。

 

例えばXMで-1000万の損失・他業者で+1000万の利益が発生した場合、本来ならば±0になるところですが、XMではゼロカットの制度を取り入れているため、実際には-1000万も損失にならなかったとします。

この場合、損失がXMによって軽減されるので、トレーダーは必ず利益を上げることができますよね。

XMがマイナスを肩代わりして、トレーダーは一人勝ちするという状況が生まれてしまうんです。

 

こんな風に、他業者間取引はゼロカットを悪用したトレードが可能になってしまうんですね。

こういったことを防ぐために、XMではこのような行為は禁止されています。

 

他業者間取引は本当にバレるのか?

ここで、他業者間取引はバレルのか?という疑問が出てくるかもしれませんが、バレる可能性は大いにあります。

XMはかなり監視体制を強化していますし、MT4という同じプラットフォームを使っていることが原因になったりもするみたいです。

 

中には友人と組んで、その間で両建てをするような人がバレたという事例もあるので、あまりXMの管理体制をなめないほうがいいと思います・・・。

 

禁止事項②:XMで複数の口座を作り両建てする

今解説したのは、XMと他業者間で両建てをすることでした。

しかし、XM内で両建てすることに関しても、規約があるので注意が必要です。

 

XMでは複数の追加口座(8個まで)を作ることができます。

しかし、その口座間で売り買い同じ額でポジションを取ることは禁止です。

理由はさっきと全く同じで、ゼロカットを利用して不正利益を上げることができるから。

この理屈はもう大丈夫ですよね!

 

ちなみに、1つの口座内で両建てをするのは規約上もOKです。

例)
  • Aと言う口座内で同じ額の両建て・・・OK
  • AとBという口座間で同じ額の両建て・・・NG

 

禁止事項③:窓開け・窓埋めを狙ったトレードばかりやる

窓開け・窓埋めを狙ったトレード手法だけを繰り返しやっていると、ペナルティを受けてしまう可能性があります。

窓開けというのは、週末と週明けの価格差で大きく開きがある状態を言います。(土日のクローズ中に相場を大きく動かすような出来事があったときに起こります。)

窓開け後には結構な確率で窓埋めというものが起こるんですが、それを見越して、窓が開けた瞬間にポジションを取っておくという手法がよく取られます。

しかし、この窓開けと窓埋めは必ずセットで起こるものではないので、ハイレバレッジをかけるのはちょっと運要素が強いんですね。

 

XMの場合はゼロカットがあるので、このような運要素のある手法をハイレバで繰り返しやっても、そこまでリスクはありません。

でも、これってXM側からしたらたまったもんじゃないですよね。

ゼロカットがあることを利用して、運に任せて取引をするわけですから。

さっきからお話している通り、運営側はなるべくゼロカットをしたくないんですよ。(マイナスを肩代わりしてくれるわけだから。)

 

こういった理由で、窓開け・窓埋めばかりする方はペナルティを受けてしまう可能性があります。

とはいえ、この手法は別に悪いことではないので普段のトレードをしつつ、窓埋めを狙うくらいならば大丈夫です。

窓埋め狙いの方は、普通のトレードと織り交ぜて行っていくようにしましょう!

 

指標発表後のハイレバ取引も同じ

ちなみに、指標発表があったときにハイレバで取引をするのも、窓埋め狙いと同じような扱いになります。

(指標発表というのは、主要な国の景気動向を示す発表のこと。これがあると相場が大きく動く。)

 

要するに、「動きが大きいときに運任せでハイレバをかけまくるのはやめてくれ」といいうことなんですね。

XMも営利目的で運営しているので、そのあたりを考えると何が不正なのかが見えてくると思います。

これも先ほどと同じで、普通にやっている分には問題ありませんよ!

禁止事項④:XMPやボーナスの不正取得や悪用

最後に、XMPやボーナスの不正取得や悪用です。

XMPは取引をするたびにもらえますが、これをもらうためだけの取引をするのは違反行為です。

さっきXMは同じ口座内であれば両建てがOKと書きましたが、XMPをもらうためだけに両建をしていると判断された場合には、ペナルティを受けてしまうので注意してください。

これができたら無限にポイントをもらうことができてしまいますからね・・・(笑)

 

また、ボーナスをもらうためだけに、他人を装って複数口座を開設するようなことも当然NGです。

まあここら辺は、誰がどう見ても規約違反ですよね。

XMで規約違反した場合のペナルティとは?

以上が注意するべき違反行為ですが、これらの違反をしてしまった場合の処罰はどういうものなのか気になりますよね。

基本的に、XMでの処罰は次のようになっています。

XMでの処罰一覧
  • 利益取り消し
  • 口座が凍結して出金ができなくなる
  • XMを使えなくなる

 

利益取り消しされる分にはまだいいです。

不正した分が受け取れなくなるだけですからね。

しかし、問題なのは口座の凍結。

凍結されてしまった場合は、不正した分だけではなく、今まで運用していた全ての分が出金できなくなってしまいます。

これは本当にヤバイので、今回解説した4つの禁止事項は絶対に守るようにしましょう。

 

また、禁止事項③で紹介したような、窓埋めや指標発表狙いだけのためにハイレバ運用していると判断された場合は、レバレッジが制限されてしまうこともあります。

海外FXを使っているメリットがなくなってしまうくらい制限されてしまうこともあるみたいなので、くれぐれも常識の範囲内で、普通に運用するようにしましょうね。

まとめ

以上がXMの禁止行為とその処罰です。

もう一度まとめると、禁止事項は次のようになります。

  • 他業者間取引
  • XM内の複数口座で両建て
  • 窓埋めだけを狙った運任せハイレバトレード
  • XMPやボーナスの不正取得・悪用

要するに、ゼロカットを利用した取引、XM側が一方的に損をしてしまうような取引が禁止されているということですね

処罰は決して軽いものではありませんが、普通にルールを守ってやっている分には大丈夫です。

XMも営利目的であるということを忘れずに、正しく運用していきましょう!