未分類

XMでトレードする時の禁止事項とは?

「XMでFX始めたんだけど、禁止事項ってあるのかな?」
どのような禁止事項があるか分からないままトレードをしていたら、きっと勝てるトレードも勝てなくなってしまうでしょう。

もしXMが禁止事項に記載されてあることをしてしまうと、レバレッジの制限や口座凍結なんてことになってしまうからです。
この記事を読むことでXMが禁止している禁止事項やペナルティの概要が分かるようになっています。
是非この記事を読み、XMでトレードをする際の禁止事項をしっかりと頭に入れておくことで、迷いなくトレードをすることができるようになるでしょう。

1,禁止事項について解説

最初にXMが禁止事項としている条件を紹介していきます。
いくつかの禁止事項は国内のFX企業では設けられていないものもあるので知っておかなければなりません。
また、当然知らないで行っていた場合でも、ペナルティの対象となってしまうので、しっかり覚えておかないといけないでしょう。

1-1,他業者間取引。

XMでは他業者取引を禁止しています。
他業者間取引とは他のFX業者の口座で、例えばある業者ではドル円を売りポシジョンにして、もう一つのFX業者ではドル円を買いポジションをとるという取引方法です。
XMが他業者取引を禁止している理由は、ゼロカットシステムをXMが採用しているからです。

ゼロカットシステムとは、利用者の口座残高がマイナスになってしまった場合でも、口座残高をゼロにしてくれるというシステムです。
ゼロカットシステムによって、仮に利用者はトレードで大きく負けてしまった場合でも借金を背負うという心配はありません。

XMが他業者間取引禁じている理由は、利用者側の得だけで運営側であるXMにも何の利益がないからです。

1-2,XMで複数の口座を作り両建てする。

XMでは最大8つまで口座を作ることができますが、複数の口座を作って両建てをすることは禁止しています。
両建てというのは、売りと買い両方のポジションを持つことで、どちらに動いても含み損を最小限にしたりできるトレード方法です。

前述したようにXMでは、ゼロカットシステムという利用者がどんなに大きな損害を出したとしても、利用者が負けた分を支払う必要がないという、利用者側には非常にメリットの大きいシステムです。

従って両建てをすることで、仮に利用者がどちらかのポジションでゼロカットシステムが発動してしまった場合でも、もう一方のポジションで大きなレバレッジをかけていたら、利用者は大きな利益を出すことが可能になります。

その結果XM側は多大な損失をしてしまいます。そのためXMは両建てを禁止しています。

1-3,ボーナスの不正取得や悪用

XMには口座開設をすると3000円のボーナスが貰えたりすることや、最大で500ドルの入金ボーナスが貰えるなど様々な特典がある取引所です。
他人を装ってボーナスを取得しようとしたり、虚偽の情報で登録したりすることは禁止となっています。

また、XMにはXMPと言われるトレードする度にたまっていくポイントがあります。XMPの最大の利点は証拠金でのボーナスまたは現金に交換できるということです。XMPの不正取得も禁止事項になっています。

1-5,アービトラージの禁止

アービトラージとは日本語で裁定取引と訳されます。
アービトラージは例えば何人かのサークルやグループを作り、「Aは買いポジション。Bは売りポジション」などといったような業者間で売り買いをするような手法です。
これもXM側が一方的に損を被ってしまうため禁止とされています。また人口知能を使った自動売買も禁止としています。

1-6,窓空けを狙ったトレード

FXのトレードには窓開けというトレード方法があります。
窓開けはローソクの足と足の間に大きな隙間ができることです。
『空いた窓は閉まる』と言われており、窓開けトレードは昔から盛んにおこなわれたトレード手法といって良いでしょう。

窓開けは市場が動き始める月曜日の早朝に現れることが多いとされています。
理由は土日に世界経済を動かすような大きな事件や事象、各国の要人の発言などの影響で大きな窓が発生するからです。

例えばイスラム圏では休日が土日ではありません。
もし仮に中東の方で大きな動きがあった場合、欧米や日本など土日を休みに設定している国々は、月曜日に相場が開くと窓を開けやすくなるのはそのためです。

ではどうしてXMが窓開けトレードを禁止しているのでしょうか。
窓開けトレードは窓を埋める方向へエントリーをしておけば、かなり勝率が高いとされています。

そのため窓開けトレードをメインとするトレーダーもいるくらいです。
XMの場合ゼロカットシステムを採用しているため、売りでも買いでも大きく動く方向へ高いレバレッジをかけておけば、大きな利益を得ることができます。
たとえ、ポジションをとっている方向と逆へいってしまったとしても、XM利用者はマイナス分を支払うだけで済みます。

窓開けトレードのような利用者側にしかメリットがなく、XM側にとってはマイナスだけしかないことからXMは窓開けトレードを禁止しています。

ただし通常通りの取引をしている場合、週をまたいでも問題ないといわれています。
問題は毎回、窓開けを狙ったトレードをメインにしている場合です。

XMでは窓開けトレードだけをしている場合、禁止事項に触れてしまう可能性が高いことを覚えておいてください。

1-7,指標トレードも禁止。

指標とは各国の為替レートを動かす要因の一つです。
例えばドル円で最も強い影響を与えるのが米国雇用統計です。他にも日銀短観、消費者物価指数などが代表例となっています。
XMの場合これらの指標が発表されるタイミングを見てのポジション取りも、窓開けトレードと同じとみなされ禁止されています。

理由は窓開けトレードと同じく、売りでも買いでも大きく動く方向へ高いレバレッジをかけておけば、利用者は証拠金を失うだけで大きな利益を得る可能性が高いからです。

XMはゼロカットシステムを採用しているので、たとえ利用者が負けても利用者側は証拠金を失うだけです。しかしもしレバレッジをかけた方に動いてしまったら、XM側は大損となってしまいます。
このように指標トレードも窓開けトレードもXM側には全く利益がないため全く利益がないため禁止されています。

2,XMで規約違反のペナルティとは?

以上XMの禁止事項となっています。ではこの禁止事項をしてしまった場合どのようなペナルティになるのでしょうか。
もちろん、禁止事項を守らないといけませんが禁止事項を破ってしまった場合どのようなことが起こるかを書いていきます。
XMが利用者に対するペナルティを課す場合は2種類あります。

2-1,口座が凍結して出金ができなくなる。

口座が凍結してしまうことで、口座の証拠金やボーナス、入金やトレードはおろか出金をすることが不可能となります。
ただ、凍結してしまった場合でも謝罪をすれば残高分は出金できたとい人もいるようですが、あまり期待はしないほうが良いでしょう。

2-2,アカウント凍結。

アカウントの凍結をされてしまうと利用者本人のデーター自体を凍結されてしまうため、二度とXMでトレードをすることはできなくなってしまいます。
口座が凍結した場合、謝罪をしたら残高分は出金できた人もいると書きましたが、アカウントが凍結されるようなことになると、謝罪をしても許されることはないでしょう。